子供の頃からのコンプレックス「太い脚」をどうにかしたくて

もともとぽっちゃり体形だったこともあり、子供の頃から脚もかなり太かったです。小学生のときに私の後ろを歩いていた男子から「大根脚」と言われて泣きそうになったことも。

それでも学生時代はミニスカートやショートパンツを好んで穿いていました。若さが脚の太さをカバーしてくれていたんでしょうか。人の目に脚をさらすことも嫌だとか恥ずかしいなどとは思わなかったです。

しかし、結婚して出産すると脚を出すことに躊躇いを感じるようになりました。まだ20代でしたが、脚の太さにたくましさや肌の汚さなどが加わり、人に見せられるような状態ではなくなったんです。ゆったりしたパンツやロングスカートで脚を隠すファッションばかりしていました。自分でも、太い脚を見て見ぬふりして過ごす日々…。「もうお母さんだから大根脚でもいいよね」と半ば諦めもあったと思います。

しかし、子供も大きくなり久しぶりに自分の服を買いに行ったとき、試着室で目が点になりました。当時はやっていたスキニージーンズを試着したのですが、なんとか入ったものの鏡に映る自分の姿に唖然としました。「前より脚が太くなっている」と…。

隠してばかりいたので、脚が怠けて余計に太くなってしまったのでしょう。それからは毎日、家の鏡で自分の体形をチェックするようになりました。毎日見ているとやはりもっと細くしたいと思うもので、エクササイズも始めることに。簡単ですが脚痩せ効果が期待できると噂のスクワットと脚パカ体操をやっています。

まだ効果は出ていませんが、これからも続けて太い脚を解消、美脚を目指します。

脚痩せレギンス着圧ソックスの効果を徹底比較|通販人気No.1vs市販品の体験レビューを詳しくみるならここ